スムージー 用語集

栄養素

ミネラル

ミネラル(無機質ともいう)には、カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあります。人の体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。ミネラルは、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして、現在16種類(ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)が知られています。(農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/fs/diet/nutrition/mineral.html参照)
ミネラルは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ、5大栄養素です。体内に多く含まれている、主要ミネラルはカルシウム(Ca)、リン(P)、カリウム(K)、マグネシウム(Mg)、ナトリウム(Na)、塩素(Cl)の全6種類、微量ミネラルは鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、マンガン(Mn)、クロム(Cr)、ヨウ素(I)、コバルト(Co)、セレン(Se)、モリブデン(Mo)、硫黄(S)の全10種類で、体に必要不可欠なものです。

酵素

人間の健康に関わる酵素は大きく分けて、人間の体内酵素である「消化酵素」、「代謝酵素」と食物に含まれる「食物酵素」の3種類があります。「消化酵素」は、ご飯や野菜などの食べ物を消化分解し、吸収するための酵素で、「代謝酵素」は、陳新代謝や、毒素の排出、自然治癒力、免疫力の役割を果たす酵素、「食物酵素」は、生の野菜や果物、肉、魚、発酵食品に含まれる酵素です。

 

ビタミン

ビタミンは、体の調子を整えるなど、人間の健康に不可欠の栄養素です。人の体の中で作ることができなかったり、作られても量が十分ではなかったりするので、食物から摂取する必要があります。大きく分けると、水に溶ける「水溶性ビタミン」と、水に溶けずあぶらに溶ける「脂溶性ビタミン」の2種類で、「水溶性ビタミン」はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの9種類、「脂溶性ビタミン」はビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの4種類があります。

 

 


>>当サイトおすすめの粉末グリーンスムージーはコチラ!

このエントリーをはてなブックマークに追加